ホンダ・オデッセイRA.comホームへ
オデッセイRA.comDIY-初級編ブレーキランプ右側の交換

ブレーキランプ右側の交換

定期的にブレーキランプが点灯しているか確認しよう!

ブレーキランプ(制動灯)の右側交換について。

1.スペアータイヤを取り外す

参考!

応急用スペアータイヤ点検

2.プラスティックカバーを取り外す

スペアータイヤの後に隠れているカバー(メンテナンス・リッド)を取り外します。

プラスティックカバー

取って部を手前に引っ張れば、カバーは外れます。

テールランプの裏側

テールランプの裏側へアクセスできるようになりました。

一番上のバルブソケットがブレーキランプ用です。

3.ブレーキランプを外す

ブレーキランプ用のバルブソケットを時計回りの方向に回転させます。

ブレーキ球とバルブソケット

テールランプからブレーキバルブ用のソケットが外れます。

4.ブレーキランプ(球)をバルブソケットから取り外す

球はバルブソケットに差し込まれているだけなので、引っ張って取り外します。

ブレーキランプ単体

左が今回取り外したバルブで、右が初代オデッセイから取り外したバルブです(新品がなかったので)。

ちなみにこのタイプのバルブは、ウェッジタイプ(白熱電球の)と呼ばれています。

ワット数は、12V-21/5W

画像からも解かるようにダブルフィラメント構造となっており、尾灯と兼用のバルブになります。

  • 制動灯:21W/下側の太いフィラメント
  • 尾灯:5W/上側の細いフィラメント

5.ブレーキランプ(球)をバルブソケットへ取付

バルブソケットに根元まで挿入するだけ!左右?裏表?向きはどちらでもOK.

ブレーキランプ点灯確認

装着したら点灯するか確認!

一人で確認する場合は、ブレーキペダルとドライバーズシートの間に棒状の物を利用するとよいかも。

三角停止表示板

今回は三角停止表示板を利用。

5.元通りに修復

取外しの逆の手順で、元通りにスペアタイヤなどを取付けて完了!



<< 応急用スペアータイヤ点検フロント・ワイパーブレードラバーの交換 >>

[ DIY-初級編 ]


車買取